読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バーコンのSuper Waveブログ 1号館

ニュース・イラスト&漫画で構成される『バーコンのSuper Waveブログ』。1号館はバーコンニュースをお届け!

にほんブログ村に当ブログが参加中! ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへにほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ

いがらしみきおの伝説の少年漫画『忍ペンまん丸』初のLINEスタンプ化決定 4月27日より配信開始

バーコンニュース No.477

2017年4月20日、『ぼのぼの』で知られる漫画家のいがらしみきお先生(62)が1995年から1999年までエニックス(現:スクウェアエニックス)『月刊少年ガンガン』に連載していた伝説の少年漫画『忍ペンまん丸』初のLINEスタンプを4月27日10時よりLINE STOREとLINEアプリ内スタンプショップで配信開始することを発表した。
2017年3月からぶんか社より復刊されることを記念したものとみられるが、『懐かしい』との声も多数ありファンの声援に応えるものともみられる。
個性豊かな仲間たちのおもしろくてかわいいスタンプが多数収録されており、まん丸・タヌ太郎・ツネ次郎たちのスタンプで目上の人や友達にもトークで盛り上がれること間違いなしとなっている。

『少年アシベ』約24年ぶりにゲーム化 3DS-DL『キュ~トなゴマちゃんいっぱいパズル』配信開始

バーコンニュース No.476

フリュー(本社:渋谷区)は2017年4月19日、ニンテンドー3DSダウンロードソフト『少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん キュ~トなゴマちゃんいっぱいパズル』をニンテンドーeショップで配信開始した。税込540円。
少年アシベ』のゲーム化作品としては1992年12月22日にタカラ(現:タカラトミー)より発売されたスーパーファミコン用ソフト『少年アシベ ゴマちゃんのゆうえんち大冒険』以来約24年ぶりとなる。
本作はゴマちゃんやアシベ達が登場するパズルゲームとなっており、同じ色のアイスピースを3つ以上繋げて消す一筆書きパズルとなっている。パズルをたくさん遊ぶとアニメの名場面などのイラストが獲得できる。ゴマちゃんのおへやも搭載し、ゴマちゃんと遊ぶこともできるような育成要素を持つ。

少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん(1) (アクションコミックス(月刊アクション))

少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん(1) (アクションコミックス(月刊アクション))

週刊少年サンデーの新世代漫画『RYOKO』早くも休載 作者の体調不良で

バーコンニュース No.475

週刊少年サンデー』(小学館) 2016年47号より連載中の新人作家・三ツ橋快人先生によるグルメバトル漫画『RYOKO』。作者の体調不良によりしばらく休載することを2017年4月12日に発売された同誌2017年20号で発表された。
2017年19号で急遽休載されたが、理由は作者が体調を崩され、原稿の執筆が難しい状況になったため。
また、再開の見通しが立った所で誌面にて改めて告知する予定となっている。
なお、2017年4月18日に発売を予定していたコミックス2巻の発売日延期も同時に発表。三ツ橋先生の今後に不安が見えてきたが今後の動向に注目を。

RYOKO 1 (少年サンデーコミックス)

RYOKO 1 (少年サンデーコミックス)

3DS『スナックワールド トレジャラーズ』2017年7月13日に発売決定

バーコンニュース No.474

レベルファイブ(本社:福岡市)は2017年4月13日、クロスメディアプロジェクト第4弾『スナックワールド』のニンテンドー3DSソフト『スナックワールド トレジャラーズ』を2017年7月13日に発売することを4月13日に配信された『Nintendo Direct 2017.4.13』で発表された。
主人公はアバターに変更されており、髪型や目・口・鼻・体型など自分だけのキャラクターを作りスナックワールドの冒険家「トレジャラー」として仲間と協力しながら大陸を旅する。なお従来の登場キャラであるチャップ、マヨネ、ペペロンたちも登場する。
キーホルダー型のミニチュアアイテムでスナックワールドの冒険に欠かせない超重要アイテム「ジャラ」は普段は小さくミニチュア化させて持ち歩き、バトルではデカ化して装備することができる。敵に合わせてジャラを切り替えて戦うことも。
また、パッケージ版数量限定封入特典として「クリスタルソードα(アルファ)」が封入决定。ますます期待できそうだ。

ポリうちわ スナックワールド

ポリうちわ スナックワールド

歌手のペギー葉山さん死去 83歳没、『ドレミの歌』『学生時代』『ひらけ!ポンキッキ』

バーコンニュース No.473

2017年4月12日、歌手のペギー葉山さんが肺炎のため東京都内の病院で死去した。83歳だった。
ペギーさんは1952年11月にキングレコードから「ドミノ/火の接吻」を発売しレコードデビュー。1954年には「第5回NHK紅白歌合戦」に紅白歌合戦初出場を果たす。1958年、ミュージカル『あなたの為に歌うジョニー』で芸術祭個人奨励賞受賞。翌1959年には「南国土佐を後にして」の空前の大ヒットで、ジャズ/ポピュラー界だけではなく歌謡界においても、その地位を不動のものにする。1960年8月にはロサンゼルスの日米修好百年祭に日本人代表として招かれ、ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』を鑑賞し帰国後、自身の作詞で同ミュージカルの劇中歌「ドレミの歌」をペギーさん自身の訳詞で紹介した。ペギーさんの訳詞・歌唱による「ドレミの歌」はNHKみんなのうた」でも使用され、音楽の教科書にも掲載されるなど、広く知られている。1964年には「学生時代」がロングセラーとなり、人気の健在ぶりを示した。1965年に俳優の根上淳と結婚、1968年には長男を出産している。根上とは、芸能界きってのおしどり夫婦で知られ、1998年に根上が糖尿病の合併症から来る脳梗塞で倒れてから2005年に亡くなるまで歌手業の傍ら在宅介護を続けた。またタレントとしての活動も多くこなし1966年の第17回NHK紅白歌合戦の紅組司会やNHK「歌はともだち」の司会にフジテレビ「ひらけ!ポンキッキ」のしつけコーナー、「ウルトラマンタロウ」のウルトラの母の人間体である緑のおばさんとしても知られる。1974年には司馬遼太郎に続き2人目となる高知県名誉県人の称号を贈られ、1995年に紫綬褒章、2004年には旭日小綬章をそれぞれ受章。2007年6月からは青木光一の後を継ぎ社団法人日本歌手協会7代目初の女性会長に就任し2010年6月末日まで務めた。一般社団法人移行後は理事職。2014年6月には、田端義夫青木光一に次ぎ3人目となる名誉会長に就任。2010年に発売した「夜明けのメロディー」(ラジオ深夜便のうた)は『ラジオ深夜便』で初オンエアされて以来リスナーを中心に高く評価され1971年発売の「雲よ風よ空よ」以来約40年ぶりのオリコンチャートインを果たす快挙を成し遂げた。また登場回数も30回にせまりロングランも記録した。

夜明けのメロディー

夜明けのメロディー

ペギー葉山 全曲集 2012

ペギー葉山 全曲集 2012

4月6日発売の新作ゲームソフト 気になる売上本数は

バーコンニュース No.472

メディアクリエイトが発表した2017年4月第1週(4月3日 - 9日)のゲームソフト販売ランキングによると、4月6日に発売された新作ゲームソフトではPS4『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』が初登場第5位を獲得し1万1578本、3DS『かわいいペットとくらそう!わんニャン&ミニミニアニマル』が初登場第20位を獲得し3631本となった。
そのほかハードの売上はNintendo Switchが4万1193台、ニンテンドー3DS(New3DS/New3DS LL/2DS)が2万5685台、プレイステーション4(PS4/PS4 Pro)が2万4512台、プレイステーションヴィータが5987台、プレイステーション3が704台、Wii Uが358台、Xbox Oneが132台となった。
他のゲームソフトの売上はSwitch『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は第2位で2万3016本を販売し累計35万4404本となり、3DS『マリオスポーツ スーパースターズ』は第3位で1万8765本を販売し累計5万1181本となり、Switch『1-2-Switch』は第4位で1万2418本を販売し累計16万6319本となり、Wii Uゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は第10位で6487本を販売し累計9万5806本となり、3DSスーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』は第13位で5717本を販売し累計101万5110本となり、Switch『スーパーボンバーマン R』は第15位で4233本を販売し累計6万6617本となり、Wii UMinecraft: Wii U Edition』は第19位で4014本を販売し累計31万3703本となった。

LEGO (R) ワールド 目指せマスタービルダー

LEGO (R) ワールド 目指せマスタービルダー

カルビー・湖池屋、台風の影響による北海道産じゃがいも不足でポテトチップスの一部商品を販売休止・終了

バーコンニュース No.471

2017年4月10日、菓子メーカーのカルビー湖池屋は2016年8月に発生した北海道地区での台風の影響によるじゃがいも不足により両社のポテトチップスの一部商品について販売を一時休止または終了することを発表した。
販売休止の対象になるのはカルビーは『ポテトチップスBIGBAG うすしお味・コンソメパンチ・コンソメWパンチ』『ポテトチップスLサイズBAG うすしお味・コンソメパンチ』『ピザポテト』『ピザポテトBIG』『ピザポテト こっくり明太マヨPizza味』『堅あげポテトBIG うすしお味・ブラックペッパー』『堅あげポテト ブラックペッパー』『堅あげポテトプッチ4 ブラックペッパー』『ポテトチップス しあわせバタ~』、湖池屋は『Mサイズ ポテトチップス リッチコンソメ』『130gお徳用ポテトチップス リッチコンソメ』『150gポテトチップス リッチコンソメ たべきりサイズ5個パック』『頑固あげポテト 香ばし塩味フラットタイプ・のり塩』『スリムパック頑固あげポテト 香ばし塩味 スティックタイプ』『スリムパックチキンラーメンスティックポテト』の20種。
販売終了の対象になるのはカルビーは『カラビー厚切り ホットチリ味』『ポテトチップス フレンチサラダ・しょうゆマヨ・梅味・こんぶしょうゆ・関東だししょうゆ・瀬戸内レモン味・博多めんたいこ味・九州しょうゆ』『堅あげポテト 北海道バターしょうゆ味・関東だししょうゆ・白えび味・関西だししょうゆ・九州しょうゆ』『堅あげポテトBIG 北海道バターしょうゆ味・九州しょうゆ』、湖池屋は『55gポテトチップス ガーリック味』『Mサイズポテトチップス 九州うまくちしょうゆ味』『ポテトチップス のり醤油』『130gお徳用ポテトチップスうすしお味』『150gポテトチップスうすしお味たべきりサイズ5個パック』『スティックポテト うすしお味4パック』『小袋ポテトチップス うすしお味』『わさムーチョチップス 肉わさび味』『125gお徳用すっぱムーチョチップス さっぱり梅味』の25種。
なお、『カルビー ポテトチップス うすしお味・コンソメパンチ』『湖池屋 ポテトチップス のり塩』など定番の商品は生産を続ける予定となっている。

『おそ松さん』待望の第2期が決定 新ビジュアル公開に加えスタッフ・キャストからのコメントも

バーコンニュース No.470

2017年4月6日、2015年10月から2016年3月までテレビ東京系で放送された赤塚不二夫生誕80周年記念アニメ『おそ松さん』の第2期が決定したことを発表した。
新ビジュアルでは新しい衣装を選んだり試着したりする六つ子の姿が描かれている。また、スタッフ・キャストも前作と同じで再集結する。さらに第2期決定を記念した15秒CMも公開された。

続きを読む

『マリオスポーツ スーパースターズ』気になる売上本数は

バーコンニュース No.469

メディアクリエイトが発表した2017年3月第5週(3月27日 - 4月2日)のゲームソフト販売ランキングによると、3月30日に発売された新作ゲームソフトでは『無双☆スターズ』PS4版・Vita版それぞれ初登場第2・6位を獲得し4万368本(PS4版)・1万7866本(Vita版)で合わせて5万8234本、『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』PS4版・Vita版それぞれ初登場第3・8位を獲得し3万4592本(PS4版)・1万3850本(Vita版)で合わせて4万8442本、3DS『マリオスポーツ スーパースターズ』が初登場第4位を獲得し3万2416本、『Re:ゼロから始める異世界生活 -DEATH OR KISS-』Vita版・PS4版それぞれ初登場第9・17位を獲得し1万1762本(Vita版)・6331本(PS4版)で合わせて1万8093本、Vita『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』が初登場第18位を獲得し6240本となった。
そのほかハードの売上はNintendo Switchが4万5509台、ニンテンドー3DS(New3DS/New3DS LL/2DS)が3万3954台、プレイステーション4(PS4/PS4 Pro)が3万57台、プレイステーションヴィータが7780台、プレイステーション3が1724台、Wii Uが449台、Xbox Oneが187台となった。
他のゲームソフトの売上はSwitch『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は第5位で2万9307本を販売し累計33万1387本となり、同じくSwitch『1-2-Switch』は第7位で1万6517本を販売し累計15万3901本となり、Wii Uゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は第14位で8131本を販売し累計8万9319本となり、3DSスーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』は第15位で7070本を販売し累計100万9393本となった。

マリオスポーツ スーパースターズ

マリオスポーツ スーパースターズ

『妖怪ウォッチ ~わくわく☆にゃんだふるデイズ~』ちゃお5月号をもって最終回 コミックス最終4巻は発売しないことが判明

バーコンニュース No.468

レベルファイブの大人気ゲーム『妖怪ウォッチ』を原作とし、『ちゃお』(小学館) 2014年2月号から連載してきたもりちかこ先生による同作のコミカライズ版『妖怪ウォッチ ~わくわく☆にゃんだふるデイズ~』が2017年4月3日発売の同誌2017年5月号で最終回を迎えた。3年3ヶ月の歴史に幕を閉じた。
最終回の扉絵ではフミちゃん、ウィスパー、ジバニャンをはじめ、コマさん、コマじろう、USAピョン、ゆきおんな、晴れ男、トムニャン、ズキュキュン太、オロチ、キュウビ、モノマネキン、おならず者が登場。人気キャラが集結したにぎやかな扉絵となっている。なお、ミーフーも冒頭に登場する。
また、コミックス最終4巻は発売しないことが明らかにされた。もり先生の連載漫画の最終巻が発売されないのは『ミニモニ。やるのだぴょん!』以来とみられる。もり先生自身も『私が決める事ではないので、力不足で申し訳ないなーと思いつつ… 私もまとめて読みたい派なので、コミックス派の方の気持ちがよくわかる うーん残念』とコメントを出しており、本作を愛読していたファン達にもTwitterでのリプへの返信で謝罪している。
最後に、もりちかこ先生の次回作にもぜひ期待していただきたい。