バーコンのSuper Waveブログ 1号館

ニュース・イラスト&漫画で構成される『バーコンのSuper Waveブログ』。1号館はバーコンニュースをお届け!

にほんブログ村に当ブログが参加中! ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへにほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ

『スナックワールド トレジャラーズ』9万7534本 『ロックマン クラシックス コレクション 2』8537本

バーコンニュース No.511

メディアクリエイトが発表した2017年8月第2週(8月7日 - 13日)のゲームソフト販売ランキングによると、8月10日に発売された新作ゲームソフトでは3DSスナックワールド トレジャラーズ』が初登場第2位を獲得し9万7534本を販売。同様に3DSで2013年7月に発売された『妖怪ウォッチ』の初週販売本数約5万4000本を上回った。『スナックワールド』は『妖怪ウォッチ』シリーズと同様にTVアニメや漫画、関連玩具などのクロスメディア展開を行っており前述した同シリーズの第1作がアニメ放映前の発売だったことを差し引いて考えたとしても概ね順調な出足であると言える。
そのほかPS4ヒットマン ザ・コンプリート ファーストシーズン』が初登場第6位を獲得し1万7252本、同じくPS4ロックマンラシックス コレクション 2』が初登場第8位を獲得し8537本となった。
そのほかハードの売上はNintendo Switchが8万7798台、ニンテンドー3DS(New3DS/New3DS LL/2DS/New2DS LL)が4万5730台、プレイステーション4(PS4/PS4 Pro)が4万2462台、プレイステーションヴィータが4651台、Wii Uが132台、プレイステーション3が95台、Xbox Oneが75台となった。
他のゲームソフトの売上は『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて3DS版が3週連続第1位、PS4版が第3位で11万6615本(3DS版)・9万1147本(PS4版)で合わせて20万7762本で累計は157万3217本(3DS版)・124万2260本(PS4版)で合わせると281万5477本となり、Switch『スプラトゥーン2』は第4位で8万7983本を販売し累計91万5629本となり累計90万本突破した。同じくSwitch『マリオカート8 デラックス』は第5位で1万7262本を販売し累計63万2972本となり、3DS大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覚悟-』は第8位で1万770本を販売し累計8万618本となり、Switch『ARMS』は第9位で7866本を販売し累計19万7284本となり、3DS『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』は第11位で7131本を販売し累計11万5188本となり、同じく3DS『Hey!ピクミン』は第12位で6863本を販売し累計11万4751本となり、Switch『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は第13位で6642本を販売し累計56万765本となった。

3DS『妖怪ウォッチバスターズ2 秘宝伝説バンバラヤー』2017年冬発売決定

バーコンニュース No.510

レベルファイブ(本社:福岡市)は2017年8月12日、同社の看板タイトル『妖怪ウォッチ』の3DSゲーム最新作『妖怪ウォッチバスターズ2 秘宝伝説バンバラヤー』を同年冬に発売することを発表した。
妖怪ウォッチバスターズ2 秘宝伝説バンバラヤー』は2015年7月に発売された『妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊』の続編となる。本作の舞台は海賊王の財宝が眠る「カラクリ島」でジバニャン、コマさんたちバスターズ一行がお宝探しの大冒険に出るアクションRPGだ。キャッチコピーは「新たな舞台「カラクリ島」で大大大冒険!」。またティザービジュアルでは冒険に張り切るTジバニャン、Tコマさん、USAピョン、ブリー隊長、ふぶきちゃん達が描かれている。

『大逆転裁判2』6万9848本 『クラッシュ・バンディクー』3万384本

バーコンニュース No.509

メディアクリエイトが発表した2017年8月第1週(7月31日 - 8月6日)のゲームソフト販売ランキングによると、8月3日に発売された新作ゲームソフトでは3DS大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覚悟-』が初登場第3位を獲得し6万9848本、PS4『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』が初登場第5位を獲得し3万384本、3DS大逆転裁判1&2 限定版 -成歩堂龍ノ介の冒険と覚悟-』が初登場第8位を獲得し9651本となった。
そのほかハードの売上はNintendo Switchが6万1933台、ニンテンドー3DS(New3DS/New3DS LL/2DS/New2DS LL)が6万889台、プレイステーション4(PS4/PS4 Pro)が5万2939台、プレイステーションヴィータが4773台、Wii Uが158台、プレイステーション3が96台、Xbox Oneが90台となった。
他のゲームソフトの売上は『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて3DS版・PS4版それぞれ前週に引き続き第1・2位で30万7714本(3DS版)・20万798本(PS4版)で合わせて50万8512本で累計は145万6602本(3DS版)・115万1113本(PS4版)で合わせると260万7715本となり、Switch『スプラトゥーン2』は前週に引き続き第3位で7万4235本を販売し累計82万7646本となり累計80万本突破した。同じくSwitch『マリオカート8 デラックス』は第6位で1万3764本を販売し累計61万5710本となり、3DS『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』は第7位で1万2699本を販売し累計10万8057本となり累計10万本達成した。同じく3DS『Hey!ピクミン』は第9位で8493本を販売し累計10万7888本となり累計10万本達成した。Switch『ARMS』は前週に引き続き第10位で5472本を販売し累計18万9418本となり、同じくSwitch『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は前週に引き続き第11位で5304本を販売し累計55万4123本となった。

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』209万9203本 ソフト・ハード両市場を牽引

バーコンニュース No.508

メディアクリエイトが発表した2017年7月第4週(7月24日 - 30日)のゲームソフト販売ランキングによると、7月29日に発売された『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて3DS版・PS4版それぞれ初登場第1・2位を獲得し114万8888本(3DS版)・95万315本(PS4版)で合わせて209万9203本を販売しダブルミリオンセラーとなった。販売本数では3DS版が、消化率ではPS4版が高くなっており過去のナンバリングタイトルと比較すると2009年7月発売の『~IX』(初週販売本数約231万9000本)、2004年11月発売の『~VIII』(同約216万7000本)の初動には及ばなかったが近年ではダウンロード版の比率が以前より高くなっていることを加味すれば実質的には少なくとも『~VIII』並の販売規模であると推測される。
そのほか7月27日に発売された新作ゲームソフトではVita『喧嘩番長 乙女 ~完全無欠のマイハニー~』が初登場第9位を獲得し6931本、PS4NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームトリロジー』が初登場第12位を獲得し5626本、同じくPS4コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード』が初登場第15位を獲得し4879本、Vita『ワガママハイスペック』が初登場第18位を獲得し3062本、同じくVita『グリザイアの果実 -SIDE EPISODE-』が初登場第19位を獲得し3052本、また同じくVita『緋色の欠片 ~おもいいろの記憶~』が初登場第20位を獲得し2914本となった。
そのほかハードの売上はニンテンドー3DS(New3DS/New3DS LL/2DS/New2DS LL)が14万2600台、プレイステーション4(PS4/PS4 Pro)が9万3356台、Nintendo Switchが8万9314台、プレイステーションヴィータが4967台、Wii Uが142台、プレイステーション3が121台、Xbox Oneが94台となった。
他のゲームソフトの売上はSwitch『スプラトゥーン2』は第3位で10万5326本を販売し累計75万3411本となり、3DS『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』は第4位で2万4491本を販売し累計9万5358本となり、Switch『マリオカート8 デラックス』は第5位で1万3841本を販売し累計60万1869本となり累計60万本達成した。3DS『Hey!ピクミン』は第6位で1万1900本を販売し累計9万9395本となり次週では累計10万本達成する見込みだ。Switch『ARMS』は第10位で5959本を販売し累計18万3946本となり、同じくSwitch『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は第11位で5803本を販売し累計54万8819本となった。

位置情報ゲーム『おそ松さんぽZ』2017年9月10日をもってサービス終了 studioぴえろ・D-techno

バーコンニュース No.507

studioぴえろ(本社:三鷹市)とD-techno(本社:東京都中央区)は2017年7月31日、両社が開発して配信してきたスマートフォンゲームアプリ『おそ松さんぽZ』を2017年9月10日をもってサービス終了することを発表した。
おそ松さんぽZ』は2017年2月に『おそ松さんぽ』としてサービス開始。2017年5月8日に現在のタイトルに改名した。おそ松さんをIPとして「さんぽ」を題材にした「位置ゲー」ライクなゲームとして幅広い層に親しまれ運営チームにとっても言葉では言い尽くせないほどの思い出と愛情の詰まった作品だった。
「今後も永続的に皆様に満足していただくサービスクオリティーを維持した運営を行っていくことが難しくなってきており私どもとしては皆様に存分にお楽しみいただける状態のまま幕を閉じることがおそ松さんぽZにふさわしいとの判断に至りました。」と運営チームがコメントしておりすべてのユーザーに謝罪。
また、改めて「引き続き運営チーム一丸となって、最後まで全力で運営に取り組んでまいりますので最後までおそ松さんぽZをお楽しみくださいますよう、よろしくお願いいたします。」と呼びかけている。
今後のスケジュールは2017年7月31日14:00~18:06にメンテナンスを行いメンテナンス後に新イベントと新ガチャを開始、2017年8月17日14:00~18:06にメンテナンスを行いメンテナンス後に祝!松野家誕生祭イベント復刻とモロ出しガチャ再開催、2017年8月20日23:59に課金停止、2017年8月28日14:00~18:06にメンテナンスを行いメンテナンス後に6つ子たちのジューンブライド 花嫁はどこ?イベントの復刻、2017年9月10日23:59にサービス終了となる。
なお、サービス終了までに消費しきれなかった「松コイン」、受け取りきれなかった「マツノ特典」の返還はできないため注意していただきたい。
他にも現在配信中のおそ松さんスマホゲームではD-technoより『パズ松さん』、エイベックス・ピクチャーズより『おそ松さんのへそくりウォーズ~ニートの攻防~』『おそ松さんニートスゴロクぶらり旅』がある。他にも『松野家扶養家族選抜会場』『おそ松さん はちゃめちゃパーティー!』があるがどちらも2017年8月31日をもってサービス終了予定となっている。今後は2017年夏に『にゅ~パズ松さん 新品卒業計画』、2017年夏の終わりに『おそ松さん よくばり!ニートアイランド』(マーベラスとの共同開発)をサービス開始予定となっている。

Juice=Juiceの宮本佳林が機能性発声障害のため活動休止

バーコンニュース No.506

2017年7月25日、ハロー!プロジェクトの人気アイドルグループ・Juice=Juiceの宮本佳林が機能性発声障害のため活動休止することが発表された。
宮本は2008年11月にハロプロ研修生(当時はハロプロエッグ)として加入。2009年に新ミニモニ。のメンバーとして選ばれ、2010年11月から2013年4月まで静岡朝日テレビ『ピンクス!』『コピンクス!』でコピンクの声を務めた。なお2010年から2012年までモーニング娘。のオーディションの応募を繰り返してどちらも落選したが、2013年2月にJuice=Juiceのメンバーに選ばれ現在に至っていた。

続きを読む

『スプラトゥーン2』64万8085本 『レイトン ミステリージャーニー』7万867本

バーコンニュース No.505

メディアクリエイトが発表した2017年7月第3週(7月17日 - 23日)のゲームソフト販売ランキングによると、7月21日に発売されたSwitch『スプラトゥーン2』が初登場第1位を獲得し64万8085本を販売。前作『スプラトゥーン』(初週販売本数約14万5000本)の4倍以上の初動となり、Switchタイトルの中では今年4月に発売された『マリオカート8 デラックス』(同約28万5000本)の2倍以上の初動となっている。初週における装着率についても『マリカー8DX』の36.64%に対し『スプラトゥーン2』が54.14%と、同梱版があるとはいえ非常に高い数値となっている。Switchハードの需要は依然として供給を上回っておりこれから本体が普及していくにつれて本タイトルも順調に累計販売本数を積み上げていくと予想される。
そのほか7月20日に発売された新作ゲームソフトでは3DS『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』が初登場第2位を獲得し7万867本、Switch『Fate/EXTELLA』が初登場第7位を獲得し1万247本、PS4UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[st]』が初登場第12位を獲得し5013本、Vita『ワールド・エレクション』が初登場第18位を獲得し3017本となった一方、2600本以下となった3DS『公益財団法人 日本漢字能力検定協会 漢検トレーニング2』は初登場第38位、同じく3DSファーミングシミュレーター18 ポケット農園4』は50位圏外の低調となった。
そのほかハードの売上はNintendo Switchが9万8999台、ニンテンドー3DS(New3DS/New3DS LL/2DS/New2DS LL)が3万4145台、プレイステーション4(PS4/PS4 Pro)が3万878台、プレイステーションヴィータが4545台、Wii Uが176台、プレイステーション3が142台、Xbox Oneが77台となった。
他のゲームソフトの売上は3DS『Hey!ピクミン』は第3位で2万1628本を販売し累計8万7495本となり、Switch『マリオカート8 デラックス』は第6位で1万2980本を販売し累計58万8028本、同じくSwitch『ARMS』は第8位で7984本を販売し累計17万7987本となり、また同じくSwitch『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は第10位で5989本を販売し累計54万3016本となり、3DS『Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼』は第13位で4511本を販売し累計1万8836本となり、Switch『1-2-Switch』は第20位にアップし2636本を販売し累計23万3737本となった。

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

『Hey!ピクミン』6万5867本 『Ever Oasis』1万4325本 Newニンテンドー2DS LLの初週販売台数は4万3315台

バーコンニュース No.504

メディアクリエイトが発表した2017年7月第2週(7月10日 - 16日)のゲームソフト販売ランキングによると、7月13日に発売された新作ゲームソフトではPS4ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』が初登場第1位を獲得し10万764本、3DS『Hey!ピクミン』が初登場第2位を獲得し6万5867本、同じく3DS『Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼』が初登場第4位を獲得し1万4325本、また同じく3DS100%パスカル先生 完璧ペイントボンバーズ』が初登場第6位を獲得し9113本、PS4『ハコニワカンパニワークス』が初登場第11位を獲得し4586本となった。
そのほかハードの売上はニンテンドー3DS(New3DS/New3DS LL/2DS/New2DS LL)が5万8559台、プレイステーション4(PS4/PS4 Pro)が3万6218台、Nintendo Switchが3万1906台、プレイステーションヴィータが4655台、Xbox Oneが200台、Wii Uが146台、プレイステーション3が129台となった。
他のゲームソフトの売上はSwitch『マリオカート8 デラックス』は第5位で1万1554本を販売し累計57万5048本、同じくSwitch『ARMS』は第7位で8642本を販売し累計17万3本となり、また同じくSwitch『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は第8位で7015本を販売し累計53万7027本となり、またまた同じくSwitch『スーパーボンバーマン R』は第9位で5200本を販売し累計9万7123本となり、3DSドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッションX』は第17位で2458本を販売し累計17万7949本となり、同じく3DSラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』は第18位で2433本を販売し累計3万2377本となり、また同じく3DSスーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』は第20位で2392本を販売し累計106万2057本となった。

Hey! ピクミン

Hey! ピクミン

Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼

Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼

D-techno、おそ松さんのスマートフォンゲームアプリ2作を8月31日をもってサービス終了

バーコンニュース No.503

D-techno(本社:東京都中央区)は2017年7月19日、赤塚不二夫先生原作の人気アニメ『おそ松さん』のスマートフォンゲームアプリである『松野家扶養家族選抜会場』『おそ松さん はちゃめちゃパーティー!』を2017年8月31日をもってサービス終了することを発表した。
『松野家扶養家族選抜会場』は7月31日15時頃に松・ボイスの新規購入停止、8月31日15時頃にサービス並びに配信終了予定。サービス終了後は松・ボイス購入、引継ぎ、メールサポート以外の機能を引き続き利用可能となっている。
おそ松さん はちゃめちゃパーティ!』は7月20日から30日までラストイベント『ありがとうおそパー!』を開催予定。新規描き下ろし&限定グッズが入手できる最後のイベントとなり、目玉報酬はLGカード『ありがとうおそパー!』、特別報酬は描き下ろしコイン+α、累計ポイント景品はメインビジュアルアクキーと缶バッジ『バイク走SDカート』となる。ハイスコア対象ゲームは『シックスラン』となっている。また、7月31日に課金停止し、8月31日をもって全サービスを終了しアプリは利用できなくなりサポート対応も終了することになっている。
今後、D-technoによるおそ松さんスマートフォンゲームアプリは今後配信予定の『パズ松さん』第2弾となる『にゅ~パズ松さん 新品卒業計画』、マーベラスとの共同開発となる『おそ松さん よくばり!ニートアイランド』、さらに既存配信中のstudioぴえろとの共同開発となる『おそ松さんぽZ』に注力することになる。スマホゲームの激戦が繰り広げる中、今後どこまで生き残るか注目したい。

アンジュルムの3期メンバー・相川茉穂が引き続き活動休止 パニック障害の症状は少しずつ回復

バーコンニュース No.502

2017年7月12日、ハロー!プロジェクトの人気アイドルグループであるアンジュルムの3期メンバーで同年1月よりパニック障害のため活動休止している相川茉穂(18)が引き続き、今年の秋まで活動休止することを発表した。その一方、大学生活は順調に過ごしていることもコメントしている。
相川は2014年10月4日に室田瑞希佐々木莉佳子と共にスマイレージ(当時)の3期メンバーとして加入。アンジュルムに改名してからの2015年に『大器晩成/乙女の逆襲』でCDデビューしていた。

続きを読む