バーコンのSuper Waveブログ 1号館

ニュース・イラスト&漫画で構成される『バーコンのSuper Waveブログ』。1号館はバーコンニュースをお届け!

にほんブログ村に当ブログが参加中! ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへにほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ

東映アニメーションギャラリー『さよなら大泉スタジオ ~その誕生と成り立ち~展』6月21日から開催

バーコンニュース No.124

東京都練馬区に所在する東映アニメーションギャラリーでは、併設する大泉スタジオが建て替えすることを受け9月23日をもって長期休館することになり、最後の企画展として『さよなら大泉スタジオ ~その誕生と成り立ち~展』を6月21日(土)から開催中。
東映アニメーション(旧:東映動画)大泉スタジオは1956年に起工し1957年1月に竣工。約57年半親しまれたが老朽化で建て直しのために来年取り壊されることが決定。創立1年を待たずに完成したこの大泉スタジオは東洋一と言われた漫画映画スタヂオで数々の劇場・テレビ作品を生み出し多くのアニメ関係者を輩出したアニメ製作スタジオとして、また東映関連のロケ地としても知られている歴史あるスタジオである。この企画展では大泉スタジオの当初からの姿を写真、図面、製作した作品、アニメ製作技術、そしてここに集った人々を通して、その歴史を振り返る。1957年、1棟だけだったスタジオは『白蛇伝』製作のためのスタッフの急増とCMフィルムの需要増加に対応して時をおかず増設、翌年1958年にはL字型になり2年後の1959年には3期棟が完成し建物はコ型になりさらに1964年、『狼少年ケン』からはじまるテレビアニメ製作のために、4期棟が3期棟につながる形で完成、現在のスタジオの原型を形作りる。その後、5・6期と棟を広げ、現在の東映アニメーション大泉スタジオになったと言われる。竣工から57年、日本のアニメーションを牽引し、多くの関係者を輩出した「東映動画スタヂオ」その誕生から成り立ちを作品の製作と絡めながらひもとく内容となっている。
これまで東映アニメでは『ハッスルパンチ』『レインボー戦隊ロビン』『海賊王子』『ゲゲゲの鬼太郎』『ひみつのアッコちゃん』『もーれつア太郎』『タイガーマスク』『マジンガーZ』『一休さん』『銀河鉄道999』『Dr.スランプ アラレちゃん』『あさりちゃん』『キン肉マン』『とんがり帽子のメモル』『メイプルタウン物語』『おジャ魔女どれみ』『デジモン』『ボボボーボ・ボーボボ』『うちの3姉妹』『トリコ』など数々の名作アニメを作り続けてきた。現在テレビシリーズでは『ワンピース』『ハピネスチャージプリキュア!』『ドラゴンボール改 魔人ブウ編』『金田一少年の事件簿R』『マジンボーン』『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』『暴れん坊力士!!松太郎』を制作中。
なお大泉スタジオは建て替えにより練馬区光が丘に仮社屋を備えるが3年後の新スタジオ完成とともにリニューアルオープンする予定となっておりこれまでのスタジオより面積などがどのくらい広くなるか楽しみだ。

長靴をはいた猫 80日間世界一周 [DVD]

長靴をはいた猫 80日間世界一周 [DVD]