読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バーコンのSuper Waveブログ 1号館

ニュース・イラスト&漫画で構成される『バーコンのSuper Waveブログ』。1号館はバーコンニュースをお届け!

にほんブログ村に当ブログが参加中! ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへにほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』200巻をもって完結 連載40年の歴史に幕

バーコンニュース No.401

週刊少年ジャンプ』(集英社)で1976年から40年間連載されてきた秋本治作の長寿漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。2016年9月3日、神田明神で行われた連載40周年記念絵巻奉納式後の記者会見にて同年9月17日発売予定の週刊少年ジャンプ2016年42号をもって連載を完結し、同日発売のコミックス200巻をもって最終巻とすることが発表された。
本作は1976年の連載開始から一度も休載することはなく、アニメ化・映画化・ゲーム化・舞台化・実写ドラマ化など様々なメディアミックスが盛んに行われていた。
秋本先生は「びっくりさせて申し訳ないです。今日、こんなめでたい席で終わっちゃうのは寂しいかもしれないけど、本当はすごくおめでたいことで、少年誌で漫画が40年続くってことはまずありえないですよね。新しいのを入れながら動くってのが少年誌の王道なので。そんな場所で40年描かせてもらえたことは本当に嬉しいことなんです」と思いを語った。
終了のタイミングについて「200巻ということで、区切りの200で止めるのが一番こう、ぱっと身を引くのもいいし、40周年でみんなで祝ってもらったときにスッと消える感じがやっぱり両さんらしいし、そしたらこれしかないなということで」と説明。ジャンプ編集長から引き留めがあったことも明かした上で「やっぱり両さんの引き際としては、200冊残して40周年で祝ってもらってスッと消えるのがやっぱり一番良い大団円の場かなと思いまして」と話した。
また、「もちろんいつまでもずっと描きたい気持ちはもちろんあるし、『こち亀』のネタはまだまだたくさんあります」と余力があることをほのめかし、「機会があれば時々(ジャンプに)遊びにいくぐらいはいいかなと思ってます」と、終了後も同誌に登場する可能性も示唆している。
さらに、連載40周年として様々な記念企画が行われており8月に増刊号『こち亀ジャンプ』の発売や浅草花やしきで大型イベントの開催、9月に8年ぶりのテレビアニメ新作の放送や10年ぶりの新作舞台の上演など盛り上がりの最中でこの異例が起きたこととなった。
本作の公式サイトでは秋本先生のコメントと合わせて主人公・両津勘吉(両さん)が激怒するコメントが掲載されており、4コマ漫画形式で『待て!!』『まだ終わりじゃないぞ!!』『こういうときだけ「最近読んでないけど好きだった」とか、「もっと続いて欲しかった」うれしいけど、』『9月17日のジャンプこち亀40周年記念号をみんな読んでくれ!!」「読んでから言ってくれ!!」「200巻も発売するから買ってくれ!!」と発している。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 1 (ジャンプコミックス)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 1 (ジャンプコミックス)